toggle
2018-02-11

2月28、3月14日に春のディスプレイ教室、開催致します!②

こんにちは!井上優紀です。

今日も前回のディスプレイのお話の続きをさせて頂こうと思います!

額縁は結構便利なツールです!

 

続いて、4月に向け、卒園、入学式シーズンですね!!

例えばパールのネックレス♪♪

受講して頂いた方のブログイメージとして他にもディスプレイ♪

作って頂きました作品!

木枠は私のアドバイスですが、華やかでなかなかセンスがいいように思えます!

もし直すとすれば

□主役のパールが、アクセントカードで一部分隠れてしまっています。主役は全て切れないようにする。

□パールの留め具の花の形がこのネックレスの売りの特徴なので、斜めにならないようにして、しっかりと美しく見えるようにする。

□下に敷いてある布が意図のないシワが入ってしまっており、緊張感がないように見えてしまう。

□左のクリスタルの飾りがやや垂直に並びすぎて、意図的に見えてしまうので、敢えてもう少し散らしてみる。

□ピアスの向きを揃える方が緊張感が出る

ただ、上の写真のこの茶色の木の枠が画面を引き立てているので、他の色が淡くても締まって見えますね!

こんな風に、淡い色は邪魔しない濃い差し色で締めると覚えるとイメージ写真の作り方が早く楽になりますね。

試しに(下)

白い枠にすると白の面積が多すぎて、ちょっと締まらないように見えますね。

画面も「濃い差し色で締める」と、主役を引き立てたりします!

 

今度は私の方でデイスプレイ。

アイロンが近くになかったので、思い切って下の生地をドレープ状に折り曲げて3段に。

サテン生地の光がまた、高級感を演出してくれますね(^.^)

先ほどの観葉植物のポトスでは、カジュアルな感じになってしまうので、ちょっと可憐な感じの花やリボンが合いますね!

ネックレスの留め具の花が、このネックレスのアクセントでもあるので、しっかりと見せたほうが良いと考えます。

趣旨を変え、主役だけ、ピッと綺麗に配置し、

敢えてちょっと散らすように脇役素材を入れてみると、なんだかちょっとドラマチックなシチュエーションになりますね!!

光るものは光る別の素材とも相性が良いですね♪

—————————

魅せるイメージを作る、私のディスプレイ教室は、2月28日10時半〜(リクエスあり、開催日を増やしました!残1名)、3月14日10時半〜(残2名)横浜線妙蓮寺(送迎あります)、アクセサリー講師のエムシェリーさんのご自宅にて開催予定です。(2000円で実践できます)

今回は、私の手作りアクセントペーパーアイテム4種と素材をどこで画面からカットしていいのかのテキスト付きです!!ご参加お待ちしております⭐︎

お問い合わせ yukinoie02@gmail.com

私の手作り春のペーパーアイテムプレゼント⭐

 

主催の井上です!

 

関連記事