toggle
2018-02-15

2月28、3月14日に春のディスプレイ教室、開催致します!➂

こんにちは!井上優紀です。

ちょっとずつ暖かな日も増え、春を感じることが多くなりましたね♪

今日は春のディスプレイ教室ブログ第三弾では、プチプラ雑貨をアレンジして、商品を素敵に見せようというテーマで、今回もやはりお話させて頂きたいと思います!

春めいたカクテルグラスのアクセサリー

カップに桜を入れた透明感のある背景

うちにあったカクテルグラスに造花の桜、リボンを入れて華やかに⭐︎

サテン素材の布を、今回は大きな図鑑を開いて立ててスタンド代わりにして、布生地の壁を作りました。

緩やかな光の反射が高級感を演出してくれるような気がします。。

この場合は自分の影が画面に入ってこないように光を背負うような場所で撮影がオススメです。特にサテン生地は、反射があるので近くの影をすぐに拾ってしまいます。。

この教室ではプチプラ雑貨を上手に使うことを実践していきますが、例えばこちら!ダイソーの桜の造花。

枝がまっすぐで、いかにも「造花」

でもよく見ると、先端の方のお花は小ぶりで、花のつき方もそれなりによく考えられているように思えます。

枝を有機的に自然に曲げてみると、ずっと自然な感じがします。(下)

曲がり方は不十分ですが、まっすぐよりかはずっと本物らしく見えますね!

ダイソーでもこんな風に一つでもちょっとそれっぽくサンプル展示すれば、売れ行きが随分違うような気がしますね。ショーウィンドウがあるように、商品だけを見てもみんな使い方や着こなしがわからないから、既に上手にアレンジしてあるサンプルやマネキンの着衣服がそのまま売れていくのではないかと思ったりします。。

ありのままそこにあるものを、組み合わせやアイディアで付加価値を作っていく!それを考える時、やってみて想像以上に上手く行った時、私はいつでもワクワクしてしまいます♪♪

桜の枝の造花もそのまま使うのではなく、オリジナルなアレンジを加えると、とても良い雰囲気ある脇役になりますね!

何をするのかというと、とりあえず!花をバラバラにむしり取る!!(最後にまた元に戻せます)

写真に写ると思われる場所以外は、花を取ってみる

ナチュラルキッチンの筆記体リボン。こちらも結びつける場所を考えます!

 

背景にリボンを配置しても可愛いですが、こんな風に、主張しないシンプルな雑貨にアクセントリボンを結びつけたり、造花の花の部分だけを散らしても可愛いですね!

アクセサリーに限らず、春のパーティーや、プレゼントといったシチュエーションにご自身のサービスやイメージ作りにもオススメです(^.^)

花びらだけ、カップに入れてもいいですね♪

他にも、ビールを見せたい場合→ビールグラスにリボン。

スパークリングワイン、日本酒。

他にも商品を入れる箱や何かをリボンで梱包!などなど。

要は、ちょっとうやうやしくするということで、そのサービスに付加価値がプラスされると私は考えます。

————————–

魅せるイメージを作る、私の春のディスプレイ教室は、2月28日10時半〜(リクエスあり、開催日を増やしました!残1名)、3月14日10時半〜(残2名)横浜線妙蓮寺(送迎あります)、アクセサリー講師のエムシェリーさんのご自宅にて開催予定です。(2000円で実践できます)

今回は、私の手作りアクセントペーパーアイテム4種と素材をどこで画面からカットしていいのかのテキスト付きです!!ご参加お待ちしております⭐︎

お問い合わせ yukinoie02@gmail.com

私の手作り春のペーパーアイテムプレゼント⭐

主催の井上です!

関連記事