toggle
2018-02-16

デザインの1000円アドバイス店、始めました♪

こんにちは!井上優紀です。

今日は、今年3月からほぼ毎週木曜日日中間、横浜のシェアオフィスのブルーコンパスで私が始める、

「1案件1000円でデザインのアドバイス」のお店のお話をさせて頂こうと思います!

何をどう直せばもっと伝わるんだろう?良くなるんだろう?

ということに対する問いに対し、気軽に相談して頂けるアドバイスのお店。

 

私自身が、計3社の制作部隊で10年間、本当に様々なチラシ、DM、冊子作り(医療、アパレル、生活用品、流通・・などなど)の中で、どうしたら良いものになるのかずっと喜びも苦しみも都度体験しながら作り上げて参りました。

そもそも初めからセンス良くミス無くサクサク作れてしまう人もいる中で、なかなか出来ず、全然評価されず、怒られてばかり。。ビルの屋上で泣いている日々もありました。今となっては懐かしい(ー ー;)

デザイン業というのは結構過酷な職場が多く、私自身作業は基本毎日夜遅くまで(場合によっては泊りがけで)あったのにもかかわらず、作品は結局コンペで採用されず、振り出しに戻ることも・・・

でも、そういったことを経験したことで、強くなりましたし、本当に少しずつですが、思うようなものが作れるようになっていきました。

また、「売りたいモノやサービス」には「目的に合った見せ方伝え方が絶対必要」ということも痛感するようにもなりました。

「お洒落で素敵なものが、いつでも良いとは限らない。自分が作りたいものと、集客における目的に合ったデザインは別物。しかも時代と共に変わっていくから常に勉強すべき」

これが10年の中での一番の収穫だったかもしれません。。

—————–

今回、わかり易いサンプルとして一つお見せしようと思います。

例えばコチラ→

内容は、投稿用に変更している部分もありますが、

ご自身で作成されたA4三つ折りのリーフレットを、beforeとして使わせて頂くご協力を頂きました。

before

シンプルですが、ある程度ビジネス色も感じる温かみのある寒色で構成されていますね。雰囲気も目的に合っているように思えます。女性らしさと共に、とてもわかり易い内容でまとめられていますね!さすがはコンサルタント業の方です(^.^)

よくやりがちな、「女性はみんなピンクが大好き!」という思い込みを心地よく裏切っている良い参考例かと思います。笑

もしピンクだったら!コチラ。。

色をピンクに極端に変えてしまいましたが、一体何の仕事をしている人なのかな〜?と私なら思います。

少なくても、オフィス系の雰囲気はしませんね。写真を変えて美容院、ネイルサロンでしたら、こんな色の方がむしろ合う場合もあるかと思います。。

 

私の方で、この3つ折りリーフレットをこんな風に作り直してみました!

after

寒色をベースに、でもレモンイエローを使って、明るさをプラス+

真面目なオフィス色は損なわずに、お花やコーヒーの素材で、ホっと出来るような、リラックス出来るような空間での打ち合わせをイメージ。

ある程度、お洒落で華やかなものに意識してしたのは、お客様となる方が、これから自分の事業を夢を持って広げようという女性だったからです。

色や素材からでも、誰に向けてのものなのかということもわかる部分もあるかと考えております。

—————–

私はadobe社のイラストレータというソフトで印刷物を制作させて頂いております。

ご自身で制作されている印刷物の実際な手直しではなく、あくまでもアドバイスという形にさせて頂きます。

3月は今のところ毎週木曜日11:00〜16:00まで、「1案件1000円でデザインのアドバイス」のお店をOPENする予定です。

 

関連記事